中古住宅はこだわりの注文住宅か建売住宅か?

中古住宅の購入を考えていくつか回っていたのですが、そこで感じたことと言えば「こだわりの注文住宅は使いづらそう」というものですね。そして、注文住宅でマイホームを建てたという人は、なかなか値段を下げてくれない傾向があると感じました。やっぱり「こだわりの注文住宅」ですからね。いくら「売り」に出すとはいえ、値段を下げたくないのはわかります。でも、下げてくれないことには売れないと思うのですけれど。

しかしその一方の建売住宅の場合ですと、わりとドカンと値段を下げてくれるのですよね。建売住宅は「こだわり」があまり反映されていないせいでしょうか。それに、DIYをした建売住宅だからと、値段を下げてくれるオーナーもいましたね。ですから建売住宅の場合、持ち主は「こだわり」がかえってマイナスになると思っている傾向があり、そして値段を下げてくれたりするのです。

そして建売住宅の方が間取りが使いやすそうなのですよね。ですから中古住宅を見てまわっている際は、建売住宅の方が印象が良かったですね。けれど注文住宅で建てた家の方が「もち(保ち)」がいいと聞きましたし、実際に見学していてもそう感じていました。参考までに。