子供の躾けは夫婦共同でするものですね。

私の家では子供の躾けに対する考え方は夫婦で違っていました。男の子に対して私の考え方は厳しく育てても良い、大人になって世間の荒波にもまれても負けない精神を養うには子供の頃から教えた方が良いと思ったからです。

 

一方妻の考え方は子供の頃から余り厳しくすると委縮してしまい大きく育たない可能性があると反対しました。

 

取り敢えずここは私に任せてもらうことにしました。

 

小学校3年生頃になり「おやっ態度が少し変だなぁ~」と気が付くことがありました、私の前では素直な良い子供に見えましたが、実は私の目の届かない所では我儘で言うことを聞かないと妻に聞かされました。

 

つまり私の前では叱られるので良い子ぶっていますが、その反動と思える行動が私の見えない所で始まっていたのです。これは子供に対して勉強や普段の生活態度に対して厳しい事ばかり言っていた事に原因があったようです。つまり父親の愛情が足りなく、欲求不満と思える態度を妻にぶつけていたようです。

 

それ以後私の考え方の間違っている部分を反省し妻の意見を聴きながら子育てをしました。子供が私に対して素直に接する様になるまで約1年かかりました。