住宅街に家を建てるなら外構工事はしっかりと

家の外回り部分である「外構」は、場所によってはちゃんと作らなければならないでしょうね。うちは田舎の方ですから、外構工事を後回しにして、駐車場を作って他は砂利だけ敷いておくだけで、とくに問題なく過ごすことができていますけれど、友達の家があるところは違いますからね。

同じ地区内でも、私の友人宅は住宅街にありますから、まあ一言で言うのならば土地の線引きが細かいのです。いや、土地の面積はそれぞれ決められていますので、細かいもなにもないので、正確に言うのならば「はみ出した」「はみ出さない」の線引きが細かいのです。

壁や柵といったように、目に見えた線がないとやはりお互いにモヤモヤしてしまうそうで、友達によりますと「住宅街だと外構はちゃんとやっておかないとトラブルになるんだよねー」ということで。それに、道路と自分の家の敷地との境目が明確にないと、路駐されたりもするそうですから。

ですから外構工事の費用も、住む場所によると感じていますね。住宅街にマイホームを建てる場合は、外構工事の費用もしっかりと考えておく必要があるでしょう。