理想的な注文住宅と実質的な建売住宅、

注文住宅というのは勿論、希望であり理想ですが、実は建売住宅というのも其れなりのメリットも充分あります。 例えば、建売の場合は先ず購入時の手続きがまことに簡単なことでしょう。 其れは売主である業者のプランによって建てられた物件であり、住宅そのものは其の敷地に的確に合わされたので、それらを一緒に購入するという形になることです。

其のことは、例えば売買契約時に契約金や手付金などを一先ず支払って、残りのお金は概ね住宅ローンという形で一括して借りるなど、住宅資金の流れは通常のマンションや中古の住宅を購入するときと同様に、比較的簡単にできるということです。

又、注文住宅とは異なって兎に角、建築に関する特別な打ち合わせなどで多くの時間を取られることもなく、特に、サラリーマンや自営業などの人たちは仕事などで多忙な時などでも、余計な時間が費やされることもなくスムーズに契約し購入することができるということです。

しかし、自分や家族のための理想の住宅を建てるとなると、此れは多数の人が注文住宅を希望するのが当然と言えば其の通りかもしれません。 そういう実のところ筆者は現在、建売住宅に住んでいるのですが、大型団地の人々は周囲を見渡すと殆ど人が注文住宅なのですが。