子どものお小遣いの決め方

子どものお小遣い、いくつになったらいくらあげたらいいのだろう、よそのおうちはどうしているのだろう?そんな風に悩んでしまいますよね。よく聞く方法は、小学生ならば、「100円×学年」という金額設定。6年生ならば、100×6=600円になりますよね。大体みなさんそれくらいなのかもしれません。

我が家では、厳密に式に則っているわけではありませんが、やはり何となく小学校高学年は500円でした。ちなみに、3年生の末っ子は、まだお小遣いはいらないというので、無しです。そして、中学生になったら、1000円。好きな文房具を買ったり、友達と出かけて何かおやつを食べたりするのにちょうどよいくらいです。そもそも部活が忙しく、それほどお金を使う時間もありません。ですから、たまに映画に行ったり、友達とお昼を食べるなどというときには、お小遣いでは無理なので補助してあげています。

高校生はというと、周りでは5000円が主流のようです。でも我が家はそうはいきません!3000円です。そして、食後の食器洗いをお駄賃制でお手伝いするというシステムです。ちなみに、食器洗い1回あたりのお駄賃は、20円!それでも、息子はコツコツやって貯めてます。我が子ながら、素直だなぁと感心してしまう毎日です。