小学校に上がる前から習い事はさせるべき?

ここのところ少子化がますます加速しており、一人っ子の家庭もかなり多くなっているようです。そういった社会的背景が影響して、就学前の習い事に力を入れる家庭も増えているようです。

 

子供の数が少ないので習い事などの教育費にも比較的余裕がある家庭が、熱心にいくつもの習い事をさせる傾向が強いようです。

 

しかし未就学児の習い事は本当に意味があるものなのでしょうか。例えば人気の習い事としては英会話やスイミング、ピアノ、サッカー、くもんなどが挙げられます。

 

これらの習い事は早ければ1歳児ぐらいからでも始められるものもあります。特にピアノなど音感教育においてはなるべく早い時期に始めると音感を身につけることができるのだそうです。英会話も同じ原理で英語を音として捉え、耳で聞いて自然にヒアリング力を身につけネイティブ並みの発音も獲得できるということです。

 

このようにそれぞれの習い事にはメリットがあるので、決して無駄になるということは無いと言えます。でも、あくまでもお子さんが嫌がらずに楽しく通ってこそ、その意味があるので決して無理強いをしないで本人のペースに合わせて習い事をさせることが非常に重要なのです。