中古マンション購入時に抑えたいポイント

現在は中古マンション市場が活況を呈しています。人件費高騰などが理由で近年の新築マンション価格が大きく値上がりしたことで、相対的に値頃感が出てきているためです。ひと昔と比べて状態の良い物件が増えてきたことも人気の理由と言えるでしょう。

中古マンションの購入を検討する際に押さえたいポイントは、眺望や間取りといった分かりやすい目に見える部分ではなく、管理の状態や構造および耐久性といった目に見えない部分です。ここ10年の間に供給されたマンションは性能が飛躍的に上がっており、二重床や二重天井は当たり前となっています。耐久性だけでなく遮音性や気密性も申し分なく、可変性にも富んだマンションが主流です。しかし築年数がたった中古マンションは、このような現在では当たり前のスペックを備えていないので要注意。少なくとも上下階の騒音は必ずチェックしたいポイントです。また、マンションの住み心地を保っていく上で管理は大変重要なポイントです。共用部分が綺麗に使われていて、ひび割れ補修がしっかりしているといった管理がしっかりしたマンションを選びたいものですね。管理会社と契約を結んでいない自主管理マンションのなかには、修繕が放棄されているところもあります。そのようなマンションを検討する際は、必ず修繕履歴を提出して貰いましょう。