こだわりの注文住宅ならば子が成長した後で建てる

こだわりの注文住宅でマイホームを建てて後悔したことのひとつには、「もっと後で建てれば良かったー」というものもありますね。もう少し具体的に言うのならば、「子どもがある程度成長してから、マイホームを建てれば良かったー」というものですね。

小さい後悔と言えば、小さい後悔ですけれど、こだわりのマイホームが傷ついていくのは、なかなかの精神的なダメージですから。それならば、お金も最低限なこだわりもとくにない建売住宅を買った方が良かったのかもしれないと思うほどに。

けれども、どうせマイホームを建てるのならば、やっぱり自分の理想の住宅にしたいものですから、マイホームは注文住宅にしたいというものです。そして「子どものために建てるマイホーム」でもあるのですけれどね。しかしフローリングがガシガシ傷ついていくのは悲しくもなってしまいますから。

そこで考えたことと言えば、せめてあと3年は待ってマイホームを建てれば良かったかもしれないということですね。子どもの成長は3年でも大幅に違いますから。住宅をこだわりたいのならばとくに。