アーカイブ | 5月 2017

ご近所ママとのつきあい方

私には男の子と女の子の二人の子供がいますが、上の男の子が幼稚園へ行っている時には、それほど親しい幼稚園のママ友がいなかったので、幼稚園から帰って友達の家に遊びに行くということもありませんでした。

ただ、下の子の場合、女の子ということもあるのかわかりませんが、同じ幼稚園に行く女の子ととても仲良くなり、お互いの家に遊びに行くことが日常化してしまいました。

最初は、月に数回だったのが、徐々に回数も増えほぼ毎日どちらかの家に遊びに行くようになりました。

はじめは仲が良い友達ができて良かったと思っていましたが、徐々に遊び場が我が家ばかりになってしまい、最近は週に4回ほど私の家に遊びにくるようになりました。

仲が良いといっても、こう頻繁だと私もストレスがたまってしまいます。

しかも帰るのが夜の7時頃というのも少なくないので、さり気なくもうそろそろ帰ったら?と言ってみても大丈夫というだけで帰ってくれません。

幼稚園ももう少しで終わりなので、小学校へ行けば変わるかと思って今はじっと我慢しています。

投稿日: 2017年5月11日 カテゴリー: 子育て

中古マンション購入時に抑えたいポイント

現在は中古マンション市場が活況を呈しています。人件費高騰などが理由で近年の新築マンション価格が大きく値上がりしたことで、相対的に値頃感が出てきているためです。ひと昔と比べて状態の良い物件が増えてきたことも人気の理由と言えるでしょう。

中古マンションの購入を検討する際に押さえたいポイントは、眺望や間取りといった分かりやすい目に見える部分ではなく、管理の状態や構造および耐久性といった目に見えない部分です。ここ10年の間に供給されたマンションは性能が飛躍的に上がっており、二重床や二重天井は当たり前となっています。耐久性だけでなく遮音性や気密性も申し分なく、可変性にも富んだマンションが主流です。しかし築年数がたった中古マンションは、このような現在では当たり前のスペックを備えていないので要注意。少なくとも上下階の騒音は必ずチェックしたいポイントです。また、マンションの住み心地を保っていく上で管理は大変重要なポイントです。共用部分が綺麗に使われていて、ひび割れ補修がしっかりしているといった管理がしっかりしたマンションを選びたいものですね。管理会社と契約を結んでいない自主管理マンションのなかには、修繕が放棄されているところもあります。そのようなマンションを検討する際は、必ず修繕履歴を提出して貰いましょう。

小さな子供部屋

我が家は狭いアパート住まいです。

大きなお家にお住まいの方は特に悩みはないかもしれませんが、狭い住宅事情の場合、子供部屋についてが一番の悩みどころですよね。

子供は小学校低学年ですが、引っ越しをしない限りは今後も自分だけの子供部屋を作ってあげることはできないと思っています。

そんな時苦肉の策で考えたのが、リビングの隅っこに子供専用のスペースを作ってあげることです。

たとえ狭くてもパーソナルスペースがあるというのは、自立心を育てるためにも有効なのではないかと考えたんです。

とはいえ大きな学習机を置くほどのスペースはとてもありません。

店頭やネットなどを色々調べてみても、部屋にぴったり合いそうなサイズは見つかりませんでした。

でもオーダーともなると高額になってしまうし・・・と諦めかけていた時、意外なところでいいものを見つけたんです。

それが、ハンドメイドサイトでした。

個人のハンドメイド家具作家さんが多数出品していて、安価でオーダーも受け付けていたんです。

そこで早速希望のサイズで机をオーダーし、リビングの片隅に設置することができました。

机の周りは子供専用の家具で揃え、ちょっとしたパーソナルスペースの出来上がりです。

子供はとても喜んで、すすんで机に向かうようになりましたよ。

投稿日: 2017年5月8日 カテゴリー: 子育て

まさかの電柱様の居場所が優先な事になってたらい回しに!?

主人の実家の敷地内に家を建てることになりました。

そこで問題になったのが昭和初期にたったと思われる「電柱」です。

道路にあるものの、側溝と、道路の間にありました。しかも入口にしたい場所にありました。

町へ問い合わせると「東京電力」と「NTT」が共同で使っているとのこと。

双方に問い合わせても、電柱を移すのは大変らしく、しかも個人の都合で移動するには何十万円ものお金がかかると言われました。

電柱1本の必要頻度、割合がどうとか言われ毎日、あちらとこちらに電話をしましたが…最後は夢のマイホームは笑顔で建てるつもりだったのが、悩み過ぎてキレました。

電気は、実家から引いてもらいます!電話は携帯があるので!電話線は入りません!と、お伝えしました。すると古くて小さな電柱でしたが、大通りの電柱のバランスを取るのにとても大切な役割をしてなくてはならない存在とのこと。

何十万円かかると言われた工事がタダ!になり、しかも、実家との境にその電柱を入れたことで年間1000円弱のお家賃を頂いております。

お家を建てるのはワクワクしますが、水はけやガス、電気、たくさんの工事があります。

本当に思いもよらないことで一ヶ月以上たらい回しにされましたので、間取りやインテリアも大切ですが、外からの動線、見えない部分へのお金が発生することがありますので、特に「おばあちゃんの家があった」とか言う所は注意が必要かと思います。

中学受験について夫婦の考え方

中学受験は夫婦共に経験していませんが、自分の子供は地元の公立中学校へ進学させるか、中学受験させるか迷いました。中学受験する場合、塾へ通うことになるため、かなり長時間、塾で過ごすことになりますし、習い事は辞めて塾での生活が中心になるのは負担が大きいような感じがしたので、自宅で勉強しながら習い事を続けて受験はできないか色々と検討しました。ですが、自宅で中学受験の勉強をするとなると学校の勉強とは大きく違うので、通信教材を受講しながら親が指導するのは、かなり大変です。特に子供が反抗期になると親の意見は聞き入れませんし、反抗してくるので女の子は難しい年頃でした。ですが、逆に親が子供の話を聞き入れるようにしたところかなり充実した生活を送れるようになり、自分からスムーズに学習するようになったので子供にあった学習方法を見つけてあげるのが親の役目だなと感じました。子供の性格など見極めて対処することが重要です。

投稿日: 2017年5月6日 カテゴリー: 子育て